最新情報一覧

野菜をしっかり食べて栄養についても勉強しよう!

2018年08月17日

こんにちは。キユーピー株式会社 CSR部 食育推進チームの高田です。

8月4日(土)認定NPO法人 フードバンク山梨様主催の「フードバンクこども支援プロジェクト」学習支援時の昼食づくりに行ってきました。今回は社会・環境チームの松原さんと富士吉田キユーピー株式会社の小林さんに協力いただきました。

qqq.PNG

食を通して健康で豊かな心と身体を育むことを目的に、フードバンク山梨様主催の学習支援の中でキユーピーグループでは子どもたちとの調理実習に取り組んでおり、5回目のとなる今回の昼食づくりは、『野菜をしっかり食べて栄養の勉強をしよう!』をテーマに、「具たっぷりサンドイッチ」「野菜たっぷりミネストローネ」をつくりました。ズッキーニやナスといった夏野菜も取り入れ、旬の野菜についても学びながらたくさんの野菜を食べることができました。

  • 「こんなにたくさんのキャベツ、サンドできる~!?」
  • 子どもたちはサンドできないのでは・・・と不安な様子になりながらたっぷりのキャベツをこれでもか!とパンの上にのせていました。なんとかサンドでき、切った断面を見ては歓声が上がりました♪

qqqqqq.PNG

【写真】パンにたっぷりキャベツをのせて、上手にサンドできました!

続きを見る>>

地域にしっかりと根づく、子ども食堂

2018年08月16日

こんにちは! キユーピー株式会社 CSR部の大串です。

4月26日7月13日のブログでもご紹介しましたが、「子ども食堂」をはじめとした食を通じた地域の居場所づくりへの理解を深めるため、従業員が自ら手を挙げて子ども食堂へ出向き、ボランティアとして参加する活動を行っています。

第3回目となる7月31日は、再び一般社団法人 寺子屋いづみさん運営されている「寺子屋 子ども食堂」へキユーピーの社員がボランティアで行き、調理を担当する前半4名、メンバー入れ替えで配膳を担当する後半5名が参加しました。

全国で急激に拡大を続けている子ども食堂ですが、新たに立ち上げた団体の皆さまが苦労されていることの一つに、'食材やボランティア人材の不足' があるそうです。そのような中、「寺子屋 子ども食堂」は地域にしっかりと根づき、食材もボランティアも自然と集まっているという特長があります。そういった点についても、代表の岩岡いづみさんから丁寧にお話をしていただき、メンバーと共に理解を深めることができましたので、参加したメンバーからの感想をご紹介します。

a.PNG

【写真】階段を上がって2階が会場

  • キユーピー株式会社 経営推進本部の翠(みす)です。
  • 前半の調理を担当しました。「寺子屋 子ども食堂」は、昨年10月から月1回で開催されている子ども食堂で、母体は 「寺子屋いづみ」 という35年も前から地域の様々な子どもたちを受け入れてきた学習塾です。器具や食材はほとんど寄付、調理やチラシ作製はボランティアでまかなわれているということで、35年間で培われてきた人と人の絆がしっかりと機能している印象でした。

一方、環境面では小さな子供では上がるのが難しいような狭くて急な階段や給湯器がなかったり、電気設備が不十分なために調理中はエアコンを消しての作業だったり・・・ボランティアの方々も利用者も安心して過ごせる環境になるには、まだまだ道のりが遠いように感じました。

b.PNG

【写真】『キユーピーみらいたまご財団』の助成金で整備した水回り

c.PNG

【写真】調理台代わりのテーブル

続きを見る>>

平成30年7月豪雨災害 社内での募金活動ご報告

2018年08月06日

キユーピー株式会社 経営推進本部です。

7月初旬に始めた社内での募金活動が7月末で終了いたしました。渋谷本社と仙川キユーポートの2ヶ所で、集まった義援金は165,881円

3日(金)、日本赤十字社への振り込みを完了しました。今後、全額が被災された方々のもとに届けられます。

被災された皆さまの一刻も早い復旧、復興を心よりお祈り申しあげます。

従業員の皆さんからのあたたかいご支援、誠にありがとうございました。

「キユーピー ドレッシング」 より使いやすく、やさしく進化

2018年07月31日

皆さん、こんにちは。 キユーピー株式会社 家庭用本部の林です。

  • キユーピー ドレシングは今年で発売60周年を迎えました!
  • 60年前の1958年は、キユーピーが日本で初めてとなるドレッシング「フレンチドレッシング(赤)」を発売した年にあたります。発売60周年を記念して2018年4月から様々なプロモーションを展開しています。 ※60周年ニュースリリース

60.PNG

プロモーションに加え、今夏、「キユーピー ドレッシング」を全面刷新します。刷新するポイントは次の3つです。

ドレドレ.PNG

続きを見る>>

ダイバーシティ壁新聞『なないろ』第4号発行

2018年07月27日

皆さん、こんにちは。 キユーピー株式会社 人事本部 ダイバーシティ担当の山根です。

従業員みんなのダイバーシティ推進を応援するダイバーシティ壁新聞『なないろ』第4号を7月25日に発行しました。

nanairo.PNG

【写真】『なないろ』第4号(年3回発行)

  • 『なないろ』は、従業員がダイバーシティを知り、より身近に感じることを目的に、社内向けに2017年に創刊したものです。
  • 第4号の内容は、ダイバーシティを進めていくために取り組みたい「さまざまな場に参加し、いつもと違うメンバーと交流の機会を持つ」とはどんなことなのか、そしてその取り組みが何につながっていくのかをお伝えしています。事例やリーダーの声もあり、従業員の皆さんに身近に考えてもらえるような内容にしています。

nanairoo.PNG

【写真】グループ各事業所において従業員が目にする場所に掲示しています

続きを見る>>

フレキシブルな働き方にチャレンジ!

2018年07月24日

皆さん、こんにちは。 キユーピーCSR部の大島です。

多くの企業が『働き方改革』を意識する中、キユーピーグループでも積極的に取り組みを進めています。

渋谷本社と仙川キユーポートでは、グループ一人ひとりの「働きやすい環境」と「生産性向上」を目的とし、毎月テーマを決めて『ワークスタイル活動』を実施しています。7月のテーマは、『フレキシブルな働き​方の推進』です。在宅勤務、時差勤務、サテライトオフィス、有給取得など、計画的に業務を組み立て各自が取り組んでいます。

  • そして、今週(7/23~27)はワークチョイスチャレンジ週間​です!
  • 今年度は総務省、経済産業省が働きかけをおこなっている「テレワーク・デイズ」に​​参画し​、世の中の動きと​の​連動​により、​取り組みの浸透をはかっていきます。

tere.PNG

ワークチョイスチャレンジ週間では、業務効率を考え、場所と時間を有効活用した働き方を選択することができるよう、この機会に従業員一人ひとりが自分の働き方をイメージし、フレキシブルな働き方にチャレンジします。初めての試みとして、チャレンジ期間中に朝食7:15~8:00を無料提供しています。

terete.PNG【写真】オフィス内の至るところで告知しています

続きを見る>>

クールビズでお越しください!

2018年07月19日

皆さん、こんにちは。 キユーピー株式会社 CSR部の大島です。

猛暑が続いておりますが、元気にお過ごしでしょうか。

環境省のクールビズ推奨期間が5月1日~9月30日までとなっていることを受けて​、キユーピーの各事業所でも同期間クールビズに取り組んでいます。

管内.PNG【写真】キユーピー本社のエレベーター内

改めて、「クールビズ」の目的は何でしょうか。

クールビズ(COOL BIZ)が日本で誕生したのは2005年です。夏場の冷房使用による電気の使いすぎや二酸化炭素の排出が問題視され、この対策として、夏場は暑苦しいジャケットやネクタイの着用を取りやめるなど、服装から改革する形でクールビズは始まりました。体感温度を下げることによって、空調設備のエネルギー使用量を減らし、結果的に二酸化炭素の排出を抑えることが目的であり、地球温暖化対策の一環なのです。

続きを見る>>

親子の笑顔あふれる、地域コミュニティ

2018年07月13日

こんにちは。 キユーピー株式会社 CSR部の大島です。

キユーピーグループは「食を通じて社会に貢献する」という創始者 中島董一郎の精神を受け継ぎ、「おいしさ・やさしさ・ユニークさをもって世界の食と健康に貢献するグループ」をめざす姿とし、食育の推進など社会貢献活動を積極的に進めています。 そのような中、社員自ら子ども食堂に出向き、運営側の想いを知り、また子どもたちと触れ合うことで子ども食堂を理解しようとする動きが出始めています。

4月26日のブログでは、 "キユーピーみらいたまご財団"の2017年度助成団体である「一般社団法人 寺子屋いづみ」さんが運営されている「寺子屋子ども食堂」にボランティアとして参加した様子をご紹介しました。6月15日には、2018年度助成団体である「せたがや子育てネット」さんが運営されている「おでかけひろば すぷーん」に別の社員がボランティアへ行ってきましたので、その様子をご紹介します。

1.PNG

【写真】左:「おでかけひろば すぷーん」の外観 と 右:入口看板

続きを見る>>

心よりお見舞い申し上げます

2018年07月12日

キユーピー株式会社 CSR部の大島です。

平成30年7月豪雨災害により被災されました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

キユーピーグループは、この度被災されました方々のお役に立てていただくため、以下の通り日本赤十字社への義援金をお届け致しました。今後、農林水産省からの緊急物資支援要請としてのベビーフード等のお届けも予定しています。

  • 1.義援金 1000万円
  • 2.緊急支援物資 ベビーフード等

また、現在いくつかの事業所で募金活動も行っております。少しでも、被災されました方々の救援や被災地の復興のお役に立てば幸いです。

5.PNG

【写真】左:渋谷本社  右:仙川キユーポート

キユーピーグループでは、犠牲になられた方々へのお悔やみを申し上げるとともに、一日も早い被災地の復旧・復興をお祈り申し上げます。

新宿タカシマヤ「#シブサラがやってきた!」企画がスタート

2018年07月10日

皆さん、こんにちは。 キユーピー株式会社 東京支店の牧田慎吾です。

6月12日のブログでご紹介している「#シブサラ」ですが、新宿タカシマヤで企画がスタートしました! 6月27日(水)から「#シブサラがやってきた!」でレストランズパークは盛り上がっています♪

112.PNG

「新宿」と頭につくけれど住所は渋谷区千駄ヶ谷にある『新宿タカシマヤ』にて昨年に続き2回目の「#シブサラ」企画開催となります。若者が集まる街・渋谷でサラダを流行らせることで、野菜の大切さや楽しみ方を伝えて野菜摂取の向上を図ろう!という想いから生まれた「#シブサラ」。「#シブサラ」企画を渋谷の街で展開することで、野菜・サラダを食べるきっかけづくりにつなげ、「渋谷をサラダで満ち溢れた街」に近づけていきたいと考えています。

続きを見る>>

ご家族の笑顔と健康を支えているおかあさんたちを応援します

2018年06月29日

皆さん、こんにちは。 キユーピー株式会社 中四国支店の松下晃士です。

6月24日(日)に「第41回 全日本おかあさんコーラス 中国支部 山口大会」が開催されました。

1.PNG

キユーピーでは「全日本おかあさんコーラス大会(全日本合唱連盟・朝日新聞社主催)」と「全沖縄おかあさんコーラス大会(全沖縄おかあさんコーラス連盟・琉球新報社主催)」に協賛しています。毎年全国各地で支部大会が行われ、およそ900団体、約2万人が参加する大規模な催しです。 その中から選ばれた約60団体が、全国の主要都市で行われる全国大会に出場します。家事や仕事などで忙しいおかあさんにコーラスの楽しさを存分に味わっていただき、 日頃の練習の成果を発表する欠かせない場になっています。

山口大会の会場となった「シンフォニア岩国」は、オーケストラの公演やオペラの上演が行われる本格的なコンサートホールです。当日はどの団体もかなりの練習をされて大会に臨まれたことがうかがえ、おかあさん方の声量に圧倒されました。衣装や振付けも、団体ごとに工夫され特色があり楽しませて頂きました。

2.PNG【写真)中国支部 山口大会の会場の様子

続きを見る>>

原宿に野菜畑が出現!

2018年06月28日

こんにちは!キユーピー株式会社 研究開発本部の山本遼です。

皆さんは都会のど真ん中にも畑があるのをご存知ですか? それも最先端で流行の発信地、原宿にあるのです。

1.PNG

【写真】ビルの屋上にある「おもはらの森」

場所は東急プラザ表参道原宿6F『おもはらの森』。とても心地よい屋外スペースに、4つの畑が今年誕生しました。都会ではこれまで難しかった「野菜を育てる」ことを通じた子どもたちへの食育や、大人も子どもも年齢を超えた地域コミュニティの創出。そんな楽しく、美味しい未来をつくるために、NPO法人アーバンファーマーズクラブを中心に、渋谷エリアに本社を持つ東急不動産、伊藤園、そしてキユーピーが連携し、この『おもはらの森』で、渋谷区の地元保育園の園児たちと共に、野菜を栽培しています。

3.PNG 【写真】左:「みずなとレタス」の畑  右:育ったラディッシュ

続きを見る>>

ページトップへ