最新情報一覧

新入社員と渋谷の街をきれいに

2018年04月23日

こんにちは。キユーピー株式会社 CSR部 の大島紀子です。

キユーピーグループでは、地域社会の一員として、敷地周辺の自主的な清掃活動の実施や、地域の皆様とともに周辺の河川や商店街の定期的な清掃に参加するなど、地域に根ざした活動にも積極的に参加しています。

キユーピーの本社がある渋谷地区では、清掃活動「しぶピカ大作戦」を2006年にスタートし、月に一度行っています。今月は、先週19日(木)に実施しました。とても気持ちの良い天気の中で48名と多くのキユーピーグループ従業員が参加し、4月ということで新入社員の姿も見られました​!​

4.PNG

ケイパックの新入社員の皆さん

「皆さん、ゴミを沢山拾われていてビックリしました。自分たちが通勤し、働いている地域がとてもきれいになり気持ちが良かったです。また来月も参加します!」と新入社員から今後の意気込みも聞くことができ、うれしく思いました。

活動に共感してくれる仲間を増やし、今後も渋谷の街の清掃活動を毎月実施していきます。

新入社員の皆さんと、社会の一員としての役割を考える

2018年04月11日

こんにちは。 キユーピー株式会社 CSR部の大島紀子です。

先週、キユーピーグループ新入社員春期研修が仙川キユーポートで行われました。出席した新入社員は、キユーピーグループ23社、257名です。

研修初日はキユーピーグループが大切にしている考え方を学びました。キユーピーグループの事業内容、大切にしている理念、ブランドや品質、お客様との信頼関係、そして、社会貢献についての講義を受けました。私からは「社会の一員としての役割」と題し、キユーピーグループらしいCSR活動について話をさせていただきました。

1.PNG 

4.PNG

続きを見る>>

健康寿命の延伸には、毎日の食生活が大切!

2018年03月12日

こんにちは。キユーピー株式会社 CSR部の大島紀子です。

みなさん、「健康寿命」という言葉をご存知ですか?

先週の3月9日、厚生労働省が「健康寿命」に関して公表しました。テレビや新聞でご覧になった方も多いかと思います。

介護を受けたり寝たきりになったりせずに自立した生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2016年は男性72・14歳、女性74・79歳と、男女とも過去最長を更新し、元気に過ごせる期間はますます長くなっています。健康意識の高まりや、生活習慣の改善、高齢者の社会参加の広がりが背景にあるようです。

一方で、「健康寿命」は延びましたが、「平均寿命」との差は依然として長い状況です。健康寿命と平均寿命の差、すなわち、健康上の問題で日常生活に影響がある期間は、男性が約9年、女性が約12年となかなか縮まっていません。

キャプチャ.PNG

続きを見る>>

子どもたちに笑顔を

2018年02月02日

こんにちは。 キユーピー株式会社 CSR部の大島紀子です。

2018年度がスタートして、早くも1ヶ月が経ちました。年賀状を書かれた方も多いと思いますが、「年賀状の宛名を書き間違えた!」「プリンターの印刷に失敗した!」といった年賀ハガキ、おうちに眠っていませんか?

年末年始にかけ、どうしても出てしまいがちな「書き損じハガキ」が、国際協力活動に役立つのをご存知でしょうか。

キユーピーグループでは、書き損じハガキが多く出る年末年始の約1か月間にわたり、東京都の渋谷区にある本社と調布市にある仙川キユーポートの2ヶ所で、書き損じハガキの回収を行いました。

渋谷.PNG 仙川2.PNG

 ↑渋谷本社(回収BOX設置)   ↑仙川キユーポート(回収BOX設置)

初めての試みでしたが、回収されたハガキの数はなんと、、、、約700枚!

ハガキ回収.PNG

続きを見る>>

子どもたちの笑顔と旬の食材たっぷりの昼食会

2018年01月18日

こんにちは。 キユーピー株式会社 CSR部の大島紀子です。

1月6日(土)、NP0認定法人フードバンク山梨様主催の「こども支援プロジェクト」の学習支援時の昼食づくりに、CSR部の松原さん、富士吉田キユーピーの小林さんと3人で行ってきました。昼食づくりは今回で4回目となります。

食を通して健康で豊かな心と身体を育むことを目的に、フードバンク山梨様主催の学習支援の中で、キユーピーグループでは子どもたちとの調理実習に取り組んでいます。

1.JPG 1.JPG 

今回の調理実習は「手作りマヨネーズ」と「旬の食材を使った料理」をテーマに、19人の子どもたちが6班に分かれ、まずは「手作りマヨネーズ」作り。チームの協力がよく、どの班も上手にマヨネーズを作ることができました。

3.JPG

 4.JPG 5.JPG

続きを見る>>

都会の喧騒を離れて~キユーピーの森~

2017年11月17日

キユーピー(株)CSR部の大串です。

10月に開催された「キユーピーの森」での活動を、熱い想いを持って参加してくれた溝口さんにご紹介いただきたいと思います!

こんにちは!キユーピー(株)東京支店の溝口です。

仕事では山梨県を担当しているにも拘らず、東京と山梨を行ったり来たりする日々。

たまには仕事を忘れて富士山の麓で山梨の大自然を味わいたい!ということで・・・

10月21日(土)に行われた「キユーピーの森」での森林保全活動に参加してきました!
当日はあいにくの天気で若干肌寒く、雄大な富士山を望むことは叶いませんでしたが、都会の喧騒を離れ大自然に囲まれるという貴重な体験ができました!

【縮小】①DSC_1442.jpg

当日はあいにくの雨・・・

自然にとっては恵みの雨!

続きを見る>>

もちもちごはんセミナー開催!

2017年10月26日

こんにちは!キユーピー(株)CSR部の大串です。

皆さんは、一日何個の卵を食べていますか?

実は日本人はとても卵が好きな国民で、一人あたりの年間消費量が300個を超えると言われています。今回はそんな身近な卵の「殻」に関する研究について、研究員の倉田さんからご紹介いただきたいと思います。

こんにちは!キユーピー(株)研究開発本部の倉田です。

キユーピーグループでは、マヨネーズをはじめとしてパンやお菓子、ハムやソーセージの原料、ゆで卵やオムレツなどの卵加工品、化粧品や医薬品の原料として大量の卵を使用しております。

その過程で排出される「卵の殻」は、そのまま捨てればただのゴミですが、これまで様々な有効活用法が検討され、立派な資源として活用されております。

更に、最新の研究では、卵の殻を水田にまくと、お米の食感が良くなり、食味も向上することがわかってきました。

【縮小】DSCF9111.jpg

粉砕した卵殻を田んぼへ

続きを見る>>

熱海市にて料理教室開催!

2017年10月12日

こんにちは。富士吉田キユーピー㈱ オープンキッチン担当の小林です。

9月19日熱海市へ料理教室に参加しました。

以前、富士吉田工場の工場見学に来てくださったお客様より「キユーピー製品を使った料理教室をやっていただきたい!」とお声をいただき今回、開催することになりました。

講師はCSR部の池田律子さん、富士吉田からオープンキッチン担当の宮下えりかさん、梶原和子さん、小林の4名です。

「高齢者でも手軽で簡単に!時短で出来るメニュー」というテーマでキユーピー製品を使用したメニューを考え調理を行いました。
参加者は60~80代の男女、料理教室の会員・老人会・一般公募の方総勢35名。
予定を上回る参加者に私達も驚きました。

【縮小】170919_110255.jpg/

続きを見る>>

はぐくみの池で虫愛ずる

2017年10月06日

こんにちは!キユーピー(株)CSR部の大串です。

9月に北海道の「霧多布湿原(※1)」へ、2泊3日間のボランティア活動に行ってきました。主な活動は「はぐくみの池」の生態調査です。
「はぐくみの池」は、元々スケートリンク場として作られた人工の池ですが、その役目を果たしたため、これからは自然豊かな池として守り、育てていきます。そこで、今後どのような保全活動を行っていくのか検討するためにも、今回は現在の池の状況を調べることになりました。

今年は札幌支店および関東支店のメンバーに加え、霧多布湿原に隣接する池に「はぐくみの池」という名前を考えてくれたマーケティング本部の中野さんも初参加してくれましたので、活動の様子と参加した感想を聞いてみました。

【縮小】DSC_0094.jpg
霧多布湿原をバックに
霧多布湿原ナショナルトラストの皆様と
(撮影者 大串)


続きを見る>>

豊田市主催、廃棄物セミナー

2017年10月06日

こんにちは、キユーピー㈱挙母工場の徳田です。

8月31日に豊田市民文化会館で産業廃棄物セミナーが開催され、
CSR部の松原さんにキユーピーの廃棄物削減の取組について講演して頂きました。
産廃セミナーとは豊田市が毎年主催しているもので、法令関係の説明や企業の廃棄物軽減の取組発表など、市内の企業向けに行っている啓蒙・情報共有のセミナーです。

【縮小】P_20170831_152250_SRES.jpg

続きを見る>>

中学校で環境活動に関する講話を実施してきました!

2017年09月21日

こんにちは!キユーピー(株)CSR部の竹内です。
9月11日に府中市の中学校を訪問し、当社の環境活動について話をしてきました。

訪問してきたのは、府中市立府中第五中学校の1年生。今回の学校側の目的は「府中市に関連する企業が現在行っている環境に関する取組みを学び、生徒が持続可能な社会に向けての課題を考える」というものです。
この学年では総合学習として1年間に渡り環境について勉強をしています。1学期には、各自で環境に関する現状や問題点を調べ、2学期には企業での取組みを学ぶ、そして3学期に総まとめを行うようです。

講話は、全ての人が環境に関する取組みを行う必要性やそれに呼応するグループ理念、実際の資源の有効活用や環境保全活動といった内容です。特に食品メーカーならではの「もったいない」を無くす取組み(食品ロス削減)を中心に講話をしてきました。生徒たちには難しい言葉もあったかもしれませんが、一生懸命に耳を傾けてくれました。

【縮小】中学校で環境活動に関する講話を実施してきました!.jpg

続きを見る>>

暑い夏に熱いバナナ、美味。

2017年09月06日

こんにちは 社会環境の松原です。 8月9日、NPO認定法人フードバンク山梨様主催の「子ども支援プロジェクト」の学習支援時の昼食づくりに行ってきました。

【縮小】IMG_4348.jpg
始めのあいさつ(3名)

続きを見る>>

ページトップへ